クラスペディア~鍵、作ります~

とある街に鍵屋がありました。
年月を重ねた優しい風合いの建物の周りには
店名にもなった花がよく手入れされて咲いています。
その店の名は「鍵屋 クラスペディア」

どことなくアンティークハウスを思わせるような店内には
控え目だが上品な調度品が絶妙な配置でレイアウトされています。
その店を経営しているのは不思議な三人組。

上品な物腰でどんなお客様も丁寧に迎える、店長ミシェール・ブラン。
根っからの女好きだが腕は最高級の職人、鍵職人マッド・ハッター。
舌っ足らずな眠そうな顔の美少女、店員アイオニア。

そんな三人組が作る鍵は普通の鍵ではありません。
鍵穴のない鍵を開ける、不思議な鍵「オド」。

今日もまた、そんな鍵を意識的に、もしくは無意識に求める人が
鍵屋の扉を開きます。

キャラクター
ミシェール・ブラン
鍵屋の店長を勤める穏やかな青年。
一言で表すなら「良い人」。
自分の名前を呼ばれるのが苦手で、
普段は「ブラン」で通っている。
常識人故に、ちょっと変わったアイオニアと
マッドのせいで苦労が絶えない。
マッド・ハッター
鍵屋の鍵職人。店はマッドの家系が代々受け継いでいる。
一言で表すと「自由人」。
自称博愛主義(女性限定)で
仕事を抜け出しナンパしに行ってはブランに叱られる。
「マッド・ハッター」とは彼の家系が
代々受け継ぐ名前。本名はクロエ。
アイオニア
鍵屋の店員である螺子巻き人形。
一言で表すなら「不思議ちゃん」。
幻と言われた「自律人形」であり、
彼女の経緯については不明な点が多い。
常に眠たそうな無表情だが、
好奇心旺盛で少女らしい心を持つ。