カルテット・フラグメント

高校生活もそろそろ終わる頃、池袋にある学校に通う少年少女四人は悩んでいた。

希薄な家族関係を無意識に手繰り寄せようとしている少年。
敵わない恋と分かっていながら諦められない少年。
何でも出来るから固執がなく進路が決められない少女。
自分に自信がなく独りに慣れなければと焦っていた少女。

秋から、冬。そして春へ。
卒業の時、私達はどんな顔でいるんだろう。

キャラクター
宮森藤 みやもり・ふじ
咲ヶ丘高校3年A組/帰宅部/選挙管理委員会
黒鉛筆で絵を描く事が趣味。放浪癖あり。
あまり喋らず淡々としているが、冷たい訳ではない。
桜を中心に世界が回ってる。寡黙系美少年。
仲木戸桜 なかきど・さくら
咲ヶ丘高校3年C組/帰宅部/図書委員会
常にヘッドフォンを身につけている美少女。
人と会話するのが苦手だが、人嫌いな訳ではない。
藤を中心に世界が広がっている。
草加棗 そうか・なつめ
咲ヶ丘高校3年A組/テニス部/図書委員会
男女学年問わず人気がある爽やか系。
見た目チャラいが、本当にチャラい訳ではない。
どこまで行っても噛ませ犬。
古林楓 こばやし・かえで
咲ヶ丘高校3年C組/美術部(幽霊部員)/文化祭実行委員会
棒付きキャンディ常備な優等生。実はお嬢さま。
学年トップの常連だが、性格まで優等生な訳ではない。
どこまで行っても傍観者姿勢。